2018.04.16 Monday

今週末は今年2回目のBSNミニ試聴会です!

0

    JUGEMテーマ:イベント情報


     今週末は、『TOP10クラブ』の森さんによる『オリジナルレコードの比較試聴会』を行います!

    今回は、懐かしい60年代のROCKをメインに行う予定ですが、YBA会員一の「アナログマニア」であるArさんに、彼の秘蔵盤の何枚かをお借りして、貴重な60年代のROCKを楽しみたいと思います。

    上の画像は、その中の一枚で、おなじみ『Pink Floid』「Dark side of the Moon」です。その他、森さんが『Janis Joplin』の、と言うか『Big Brother & the Holding Company』『Cheap Thrills』を持参してくれるそうなので、そちらも楽しみです。

     どちらかと言うと『ボケ老人』が昔を懐かしむ『茶飲み会』みたいな催しですが、是非、若い人たちにも参加していただき、当時のROCKと言うものが持っていた「スピリット」を感じていただけたらと思いますね。

     

     今回は、販売用にも、珍しいオリジナルレコードを中心に沢山用意していただけるそうなので、こちらも、レコードマニアの方はご期待ください。


     また、今回の試聴用に使用する機器は、6月の『OTOTEN』に出展する予定の『Scan-Speak』『Ellipticor』を使用した2Wayシステムを、当ショップでキット化して販売する予定の『Hypex』「N-core400」パワーアンプでドライブする予定です。

    肝心のプレーヤーには、今回は『Victor』「TT81」に、『Granz』さんの「MH-9B」を使用したBSNオリジナル・プレーヤーを使用します。

     勿論、今回も『DS Audio』さんの「LEDカートリッジ」をメインで鳴らす予定です。前回は、プレーヤーの調子が悪かったため、本領を発揮できなかったので、今回は、上手く鳴らしたいと思っています。


     今回は『TOP10クラブ』の森さんの貴重な、珍しい『オリジナルレコードの比較試聴会』ですが、それを鳴らす機材の方も、レコードに負けず珍しいもので、日頃、あまり聴くチャンスは無いと思いますので、そちらの方も、是非、聴きに来ていただきたいと思います。

     左の画像は『Scan-Speak』の新製品「Ellipticor」を使用した2Wayシステムです。

     Mid・Woofer:18WE/4542T00:4Ω

     販売価格:239,760円(税込)

     Tweeter:D3404/552000:4Ω

     販売価格:158,814円(税込)

     

     おそらく『DIY』用ユニットとしても、世界最高級ユニットの一つではないかと思います。また、鳴らすのも、それなりに難しいユニットでも有ります。是非、一度、聴いてみてください。

     


     


    【第二回BSNミニ試聴会:オリジナルレコードの比較試聴】


    開催日:4月21日(土)

    開始時間:15:00〜18:00頃予定

    会費:無料

    場所:横浜ベイサイドネット桜木町店

    住所:横浜市中区吉田町72サリュートビル701

    TEL:045-315-2041

    mail:bsn-shop@gmail.com

    アクセス:JR京浜東北線「桜木町駅」または「関内駅」徒歩5〜10分程

    駐車場:近くに公営の『福富町西公園地下駐車場』が有ります


     ご来場いただいた方には、飲み物なども用意しています。また、ささやかなご来場記念プレゼントも用意していますので、是非、ご参加ください。


     

     

    2018.04.12 Thursday

    ベイサイドネットは『OTOTEN 2018』に出展します!

    0

      JUGEMテーマ:イベント情報


       ベイサイドネットは、今年の『OTOTEN』に出展します!

      とは言っても、単独で出るだけのお金は有りませんので『オーディオアクセサリー体験』(オーディオアクセサリー祭り)のブースに入れてもらうことにしました。出展するアイテムは、勿論、当社がDIY用に製作しているスピーカーを中心に、『HYPEX』社の「N-Core400」を使用した『BSN オリジナル アンプ』と、当社が今年から進めようとしている『BSN オリジナル プレーヤー』(既成のモータを仕入れて『YBN岡山』の野郷さんに完ぺきにメンテしていただき、それを、当社で製作したオリジナルのベースに載せ『グランツ』さんの高性能トーンアーム「MH-9B」もしくは「MH-10B」を取り付けた製品)を出展する予定です。


       

       

      『オーディオアクセサリー体験』のブースは「Gブロック 5F G510 / G610」となっています、ご来場をお待ちしています!

       


       ところで、当ショップが『OTOTEN』に出展することに決めたのは、前回のブログでも書いたように、私がワークショップでスピーカーを製作することと、お店でお客様のスピーカー自作やオーダーなどの相談に対応することの両立が、だんだん難しくなって来て、お店でお客様に音を聴かせる時間が減って来ていることが有ります。

       

       同時に、以前は当ショップも『High-End Show』に完実電気様のブースに出させていただいたことも有ったのですが、『High-End Show』が無くなってからは、「DIYユーザー」以外の方に、当ショップの音を聴いていただける機会も減ってきており、何とか、当ショップの取り扱いスピーカーの音を、多くのオーディオファンの方に知っていただきたいと思い出展を決めました。


       昨日、5年ぶりに『AudioNirvana』のデビッド夫妻が来日して、当ショップまで訪ねて来られました。

       

       

       今回の来日は、大型船「Volendam」によるアジアパシフィック海域のクルーズの途中で、横浜の大桟橋に着いたところで途中下車(船)して当ショップに来られたようです。

       日本びいきの彼ら夫妻は、浅草の浅草寺とその界隈の雰囲気が大好きなので、この後、案内して回りました。今日は銀座界隈を見物して、明日成田から帰国するそうです。と言う訳で、今回は遊びの途中に立ち寄ったそうなのですが、しっかり、新しい真空管アンプも売り込まれてしまいました。

       

       左の画像は、『AudioNirvana』の新製品「EL84 UL PP ステレオアンプ」だそうです。
      ■出力は10Wx10W(@4Ω/8Ω)

      ■前段:ECC83 x 2

      ■出力段:EL84 x 4

      ■寸法:25cm(W)x25cm(D)x 15cm(H)

      ■重量:約9kg

      -------------------------------------------

      販売予定価格:約100,000円(税込)

       

       

       『AudioNirvana』には、既に、300Bシングルアンプも有りますが、それは6.5インチ以上のユニット用として、結構、高価なアンプ(300Bアンプとしては、決して高くはないと思いますが)が有りますので、このEL84PPアンプは、3インチから5インチまでの小口径(?)スピーカー用としてリリースしたそうです。

       

       今回の『OTOTEN』に展示するかもしれません!


       

       


       

       

       

       

       

      2018.04.09 Monday

      店舗臨時休業のお知らせ!

      0

        JUGEMテーマ:お知らせ


         本日より、当分の間『横浜ベイサイドネット 桜木町店』は、臨時休業いたします。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。なお、オンラインショップは、通常通り営業していますので、お急ぎの方は、オンラインショップをご利用ください。配送は、通常通り行っております。

         画像は市庁舎の建設状況ですが、いつの間にか、クレーンが4台になっていて、建設は順調に進んでいるようです。驚くのは、右端に見える『森ビル』の建設状況ですが、こちらは、かなりのハイペースで進んでいるようで、もう既に、手前にあるビルよりも高く積み上がっているようです。

        噂では、『森ビル』はショッピングモールと高級ホテルの複合施設になるようですが、ビルの上の方は8億円のマンションになるらしいので、ひょっとすると、市庁舎よりも高くなるのでしょうか?

         まあ『ランドマーク』よりも高くなることは無いとは思いますが、それにしても、景気の良いところは本当にいいのでしょうね。


         本題のお知らせですが、本当に最近は景気が良くなったようで、車の数も増えて、お店と作業場や倉庫との行き来に余計な時間が掛かって仕方が有りません。今までは、片道20分から30分程度だったのですが、近ごろは40から50分以上かかるようになり、お店との行き来が本当に面倒になって来ました。

         それでなくても、毎日が貧乏暇なし状態なので、無駄な移動時間をなくさないと、仕事の能率も落ちるし、集中力も落ちるので、お客様への対応も満足に出来なくなるなどの問題も出てきています。

         やはり、理想としては、お店と倉庫と作業場は一か所に集中させておきたいところですが、この横浜の中心で、それを見つけるとなると大変で、現実的な解決策としては、新しい作業場と倉庫を、可能な限りお店の近くに移転することしか有りませんね。もしくは、店舗を、作業場と倉庫の近くに移転する方が良いのかもしれませんが。

         

         と言うことで、現在、移転先探しと倉庫の移転準備に取り掛かっていますので、当分の間、お店を不在にすることが多くなり、私に相談が有って、ご来店いただいた方に、ご迷惑をお掛けしても申し訳有りませんので、思い切って、お店を開けるのは、金曜日と土曜日の2日間にすることにしました。

         

         ご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


         

         

         

         

         

        2018.02.13 Tuesday

        『トータルリビング ユウキ』さんのご紹介です!

        0

           当ショップのYBA会員で高級家具のオーダーメードで知られる『トータルリビング ユウキ』の小原社長さんが考案した素晴らしいスピーカーボックスが出来ました!

           このスピーカーボックスのモチーフは、小原社長さんが購入し、大変気に入っていただいている『BSN パッシブ・キット』ですが、日本でも超一流と言われている職人さんが、一年がかりで、高級な天然のむく板を『アリ継ぎ』加工して組み立てた物だそうです。

           フロント部分も、天板部分も、どちらも『アリ継ぎ』加工で組み立てられているようですが、どうやって組み立てたのか、凡人には分からない高度な職人技なのでしょうね。

           ユニットは『Scan-Speak』の10cmフルレンジを使用するのですが、どんな音がするのか楽しみですね。


           

            一か月ぶりの『横浜市庁舎建設現場』の画像ですが、あまり変化が見られないのは、地下工事が主な時期なのかもしれませんね。今年中には、ビルの骨格までは出来るそうなのですが、今のところ、大した変化はなさそうです。

           取りあえず、来月の進捗状況がどうなっているのか、たのしみでは有りますね。

           噂では、市庁舎のすぐ隣には、超豪華なホテルとマンションの入った『森ビル』も出来る予定だそうなので、この辺りは、高層ビル群になりそうですね。

           私たちには関係の無い話では有りますが、、、、



           


           ところで、前回の試聴会でお披露目して、好評をいただいた『Ellipticor(エリプティカー)』ですが、エージングも進んでいますので、3月末か、4月中には、『2018年度第二回BSNミニ試聴会』として、より進化した『Ellipticor』の発表会としたいと考えています。

           ご期待ください!

           

          2018.02.06 Tuesday

          先週末は『BSN ミニ試聴会』で盛り上がりました!

          0

            JUGEMテーマ:イベント情報


             先週末は、久々の「TOP 10 CLUB」森さんによる『BSN ミニ試聴会』で盛り上がりました!

            テーマは、もう既に出尽くした感は有りますが、森さん秘蔵のオリジナルレコードと、日本国内盤との比較試聴でしたが、今回は、ひと工夫が有って、オリジナルレコードと、新しい45回転レコードの対決と言う新しい試みも行われ、結構、楽しく盛り上がることが出来ました。

             しかも、今回のオリジナルレコードは、BeatlesのオリジナルUK盤と言う珍しいレコードを中心に試聴したこともあって、『ブルーノート』盤とは違った、イギリス独自の音作りにも触れることが出来たのは、新鮮な経験でした。

             特に、45回転のEPシングル盤のRoring Stonesの『サティスファクション』は、モノラルで最高の音質だったと思いますね。シングルレコードの新しい楽しみが増えたような気がしました。


             ところで、今回の『BSN ミニ試聴会』の楽しみは、オリジナルレコードの比較試聴だけではなく、そのレコードを聴くオーディオ・システムにも、いろいろと、楽しい試みが有りましたよ。

             まずは何と言っても、本邦初公開となった『Scan-Speak』「Ellipticor」(エリプティカー)です。1月31日の石田先生のレビューを受けるために作ったばかりの『ピチピチギャル(?)』だったので、エージングが全く出来なかったために、特にウーファーの動きが悪く、いつも以上に高域寄りの『ベイサイドサウンド』では有りましたが、それにもかかわらず、力強い、アメリカ流に言えば『Strong Bass!』と、プレゼンス豊かで、しかも、キレのある中高域の鋭さによって、本当に、これまでの『ベイサイドサウンド』とは、次元の違う音が出てきましたね。

             勿論、オリジナルUK盤と言う、アナログレコードの厚みの有る音が、大きく影響しているのは間違いのないところですが、それを差し引いても、「Ellipticor」(エリプティカー)の凄さが際立っていたと思いました。
             


             また、そのオリジナルUK盤の良さを引き出したのが、これまた、本邦初公開の『BSN オリジナル プレーヤー』ですよ。

            まだまだ、試作第一号なので、だめなところばかりでしたが、何とか、音を出せるところまでにはなったようで、ホッとしました。

             何と言っても『グランツ』さんのアームが光っていましたね。プラッターには、『ダイテツ』の大久保さんにお願いして『庵治石』を使わせていただきたいと思っていますが、、、、


             森さんのデモの後には、私が『DS Audio』さん「LEDカートリッジ」のデモを行いました。

             この光カートリッジは、本当に、この日が始めての音出しだったせいもあってか、60万円と言う値段の割には、「Ellipticor」(エリプティカー)程のインパクトを感じられなかったのは、私だけではなかったような気がしました。

             それでも、実際に「LEDカートリッジ」を使用されているユーザー様の評価では、エージングが進めば、本当に素晴らしい性能を発揮してくれるそうなので、今後は、調子の悪い『TYPE III』は諦めて、「LEDカートリッジ」を使い込んで行きたいと思います。

             「Ellipticor」(エリプティカー)のエージングも、まだまだ、かかりそうなので、次回の『BSN ミニ試聴会』は、4月の終わりごろに、また、行いたいと思います。

             その時には、『BSN オリジナル プレーヤー』も完成しているだろうから、今回以上に、素晴らしい試聴会になるのではないかと思います。

             ご期待ください。


             ちなみに、今回の『BSN ミニ試聴会』にご参加いただいた方には、『DS Audio』さんからご提供いただいた『DS AUDIO』のロゴ入りのコースターと、当ショップから、『PartsExpress』の名前入りの便利ツールを、ご参加いただいた記念にプレゼントいたしました。

             次回の『BSN ミニ試聴会』でも、何かささやかな記念品を用意したいと思っていますので、次回も、是非、ご参加ください!

             

             

             

            2018.02.01 Thursday

            『Scan-Speak Ellipticor』本邦初公開です!

            0

              JUGEMテーマ:オーディオDIY

               


               昨日(1月31日)オーディオ評論家の石田先生と音元出版の中野さんに、当ショップへご来店いただき、『Scan-Speak』の最新モデル「Ellipticor」の2Wayシステムの出来たばかりのプロトタイプを試聴していただきました。

              次号(春号)の『オーディオアクセサリー』誌に掲載する記事のためです。

               実際のところは、先生が来るまでにはプロトタイプが完成しておらず、当日の朝になって、先生と中野さんに手伝っていただいて、やっと何とか、完成することが出来たと言うのが、本当のところですが、、、、

               

               それでも、出来上がったばかりの18リットルのボックスからは、現在、当ショップのリファレンスとなっている、同じ『Scan-Speak』「LImited Edition」(こちらは13リットルですが)とは、一ケタも二ケタもスケールの違った『異次元』の力強いサウンドに、私は勿論、全員が驚いた様子でした。

               

               特に、1,800Hzでクロスさせた「D3404/552000」34mm ドームツィーターの力強くハリのあるサウンドは、半年以上も待たされたことなど消し飛んでしまうほどの魅力を感じました。エージングが進めばどんな音になるのだろうと、本当に「ワクワク」させられますね。

               『これは、本当にすごいユニットです!』

              当ショップとしては、早速、キット化したいと思います。お楽しみにしていてください!


               左の画像が、出来たばかりの「Ellipticor」18cm2Wayシステム・スピーカーです。

               外観上の特徴は、何と言っても、その『楕円』形状のダストキャップ(ボイスコイル)ですが、その他に、ツィーター、ウーファー共に、フランジをカバーして、ボルトが見えないようにするためのリングが用意されていますので、おかげで、とてもスッキリとした印象を受けますね。

               

               とにかく、音に関して言えば、今のところ、全くケチのつけようのないユニットですが、このユニットを使用してスピーカーシステムを作ろうとすれば、注意しなければならない点も、いくつかあります。

               

               まず、問題なのは、どちらのユニットも、接続端子の寸法が『規格外(?)』なのか、どのファストン端子とも上手く合わず、結局、(+)も(-)も、『L』サイズを使用しました。

               

               その他、ツィーターの端子が、ツィーターの開口寸法ぎりぎりに付いているため、その部分を少し広げて穴開けしておかないと、ファストン端子を接続したり、少し太いケーブルを使用した場合は、上手く付かなくなる可能性が有ります。(図面には表示されていません。)

               

               また、スピーカー取り付けボルトが、カバーリングを付けるために、キャップボルトではなく、皿ボルトになっているので、その点も注意が必要です。せめて、低頭のキャップボルトにして欲しかったですね。

               

               


               この『Ellipticor』を使用して、たとえば『ソナス』あたりが製品を作るとすると、いったい、どれくらいの価格になるのだろうと、思うと、当ショップのキットの大事な役割が出てきそうですね。少なくとも、当ショップのキットのお値段が100万円にはなりそうも有りませんのでね。

               

               いずれにしても、今週末の試聴会で、是非、その素晴らしいサウンドをお試しください!

               

               

               

               

               

               

               

              Calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              2930     
              << April 2018 >>
              Clock
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              • 『横浜ベイサイドネット』新規会員登録のお知らせ!(最終版)
                きよし (02/03)
              • 『横浜ベイサイドネット』新規会員登録のお知らせ!(最終版)
                河口功二 (01/31)
              • かがみクラフトさんの作業場へ行ってきました!
                Tanami Jirou (08/07)
              • 次は、若くて美しくて歌唱力抜群のニーナさんのライブ・インフォメーションです!
                きよし (09/12)
              • 次は、若くて美しくて歌唱力抜群のニーナさんのライブ・インフォメーションです!
                トヨ (09/05)
              • 2016年 明けましておめでとうとう御座います!
                きよし (02/09)
              • 2016年 明けましておめでとうとう御座います!
                K・K (02/08)
              • 『Rocky Mountain Audio Fest 2015』何とか無事(?)に終わりました!
                きよし (10/17)
              • 『Rocky Mountain Audio Fest 2015』何とか無事(?)に終わりました!
                熊谷健太郎 (10/16)
              • 先週は『CAS』の伊勢谷さんと音元出版へ行って来ました
                きよし (09/12)
              Recent Trackback
              Recommend
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM