<< 今週はJBL特集のようです! | main | いつものことですが、、、、 >>
2013.06.27 Thursday

新製品情報です!

0
    UGEMテーマ:オーディオDIY
     昨日は本牧の税関に行き、Wavecorの新製品などを受け取って来ました。


    このツィーターは、Wavecorのツィーターでは主流となる30mm口径のシリーズで、「TW030WA09」と言う機器番号が付いています。
     一見して、ソフトドームの材質が、従来のものとは、だいぶ異なっているのが分かりますが、その結果、再生周波数全域に渡って、音質の均一性が改善され、超高域における再生周波数範囲も拡張されたようです。
     
     全体的なデザインもリファインされ、フランジ形状がよりショートホーン状になり、オフアクシス特性と、ハイパワー・ハンドリングや、低域共振周波数の改善が図られています。周波数特性グラフを見ると、2kHz付近から27kHz辺りまでが、非常にフラットな特性で、素晴らしいです。

     早速、このツィーターを使用して、『PLKT-5(プラモキット5)』のニューバージョンを作ってみたいですね。
     『横浜ベイサイドネット馬車道店』の新装開店の時には、ご来店の皆さんに聴いていただけるようにしたいと思います。ご期待ください。

    次に新製品のBDシリーズ・ウーファーのご紹介です。
    『Wavecor』のBDシリーズ・ウーファーの新製品です。


     『Wavecor』BDシリーズ・ウーファーは、その高性能なスペックと、リーズナブルな価格で 人気が有るのですが、素材の供給が不安定となる中で『ノーメックス・コーン』のバージョンが生産中止となり、先行きを心配していました。
     
     同じようにノーメックス・コーンを採用していた『Peerless』が、いち早く、『グラスファイバー・コーン』の製品を発売していたことから、『Wavecor』の次期バージョンも『グラスファイバー・コーン』になるのではないかと、予想していたのですが、上の画像を見る通り、予想は裏切られたようです。

     コーン紙の材質は、Wavecorが開発した(?)見たところ、ペーパーにグラスファイバー繊維を混入させたような「ハイブリット・マテリアル」といった感じですが、ほとんど、ペーパーコーンと言っても分からないくらいですね。

     その結果、全帯域に渡って、音質の均一性とハイパワーハンドリングに対するスタビリティーが改善されたそうですが、最低共振周波数も、『ノーメックス・コーン』と変わっていない点も安心しました。素晴らしいシステムになりそうな気がします。

     今回新発売になるBDシリーズ・ウーファーは、
    ■WF120BD05/06
    ■WF152BD05/06
    ■WF182BD07/08
    ■WF182BD09/10
    ■WF182BD11/12
    の10種類になります。
     18cmシリーズが6種類になっているのは、
    従来からのペーパーコーンと、今回のグラスファイバー・ハイブリットコーンの両方に、
    『タンケード・タイプ』(右の画像)

    が追加されているためです。
    音像定位に影響するフロントバッフルの幅のナロー化には、ターンケード・タイプがお勧めですね。



    Firestone Audio社 からも、ヘッドフォンアンプの新製品が出ました!

     『Fireye Mini Plus』

    超小型ヘッドフォンアンプのニューバージョンです。

     ニューモデルの度に、台湾のテーマを使用しているFirestone Audio社ですが、今回のデザイン・テーマは、 台湾の古くから伝わる民謡や踊りなどを現代的にアレンジして公演活動をしている台湾の有名なグループ『Chio-Tian Folk Drums & Arts Troupe』(九天 民謡太鼓 と 芸術一座(直訳?)とのコラボレーションに基づくものだそうです。

     アンプのトップに描かれているのは、『Chio-Tian Folk Drums & Arts Troupe』(九天 民謡太鼓 と 芸術一座(直訳?)のトレードマークである『ドラゴンヘッド(陣頭)』だそうです。

     台湾では、既に発売しているそうですが、若い男女に大人気だそうですよ。
    この『Fireye Mini Plus』の性能:特徴は以下の通りです。
    ■電源:内蔵リチウム充電電池
    ■1.5時間でフル充電「USB接続」
    ■アナログアンプ構成
    ■バスブーストスィッチ付
    ■保護回路:出力ショート、過温度上昇保護
    ■適応インピーダンス:32Ω~600Ω
    ■接続端子:ミニUSBジャック−充電用
          3.5mmミニジャック−ライン入力用
          3.5mmミニジャック−ヘッドフォン用
    ■OPAmp:MAX97222A
    ■アンプ性能:
     周波数特性:40Hz~15kHz(+0.03dB~+0.04dB)
     S/N比:-109.2dB
     ダイナミックレンジ:109dB
     歪率(THD%):0.0003%
     クロストーク:-98.5dB

    となっています。
    ちなみに、予定販売価格は7,000円前後になります。

     今回のバージョンは、ソフト・ラバーボディーではなく、プラスチック製のケースのトップに薄いアルミカバーを被せるようになっていますので、右の画像のように、オリジナル・デザインのものを、OEMで製作することも出来るそうです。
     サンプルとして、ベイサイドネットのロゴで作っていただきました。
     

    もしも、このヘッドフォンアンプで、自社の『スーベニア』製品などを作ってみたいと言う方がいましたら、ご連絡ください。
    製作数量は210個以上となります。価格につきましては、その都度、御見積りいたします。 

     いつもなら、大きさの比較には、愛煙のたばこの箱を使うところですが、私は、今年の正月から『禁煙』してしまい、たばこの箱が有りませんので、『i-Phone4S』と比較してみました。
     正確な寸法は40mm(W)x38mm(H)x12mm(D)となっています。
     


     最後に、ユーザーさんから近況を尋ねられることの多い『のびこ』の最近の画像をお届けします。

     のびこをオーナーが拾って保護したのが、2007年の暮れだったので、お店に連れて来てから、かれこれ6年半以上になりますね。
     当時、お医者様の見立てでは、3歳から6歳だろうとのことでしたので、今では、9歳から12歳くらいと言うことになります。

     最近では、外出を嫌がり、ほとんど、寝ていることの多いのびこだそうですよ。

     『横浜ベイサイドネット馬車道店』の新装オープンの時には、無理やり、連れてこようかとも思っていますが、果たして、、、、、、




    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Clock
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • かがみクラフトさんの作業場へ行ってきました!
      Tanami Jirou (08/07)
    • 次は、若くて美しくて歌唱力抜群のニーナさんのライブ・インフォメーションです!
      きよし (09/12)
    • 次は、若くて美しくて歌唱力抜群のニーナさんのライブ・インフォメーションです!
      トヨ (09/05)
    • 2016年 明けましておめでとうとう御座います!
      きよし (02/09)
    • 2016年 明けましておめでとうとう御座います!
      K・K (02/08)
    • 『Rocky Mountain Audio Fest 2015』何とか無事(?)に終わりました!
      きよし (10/17)
    • 『Rocky Mountain Audio Fest 2015』何とか無事(?)に終わりました!
      熊谷健太郎 (10/16)
    • 先週は『CAS』の伊勢谷さんと音元出版へ行って来ました
      きよし (09/12)
    • 先週は『CAS』の伊勢谷さんと音元出版へ行って来ました
      よしひこ (09/11)
    • 岡山と香川へ出張して来ました!
      きよし (03/19)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM