<< 今年のベイサイドは、アナログ指向! | main | 先週末は名古屋のオーディオフェスタへ行って来ました。 >>
2015.02.02 Monday

先週は『CAS』の伊勢谷さんと音元出版へ行って来ました

0


     先週は、陶器製のスピーカーでおなじみの『CAS』の伊勢谷さんが、『CES』から帰国され、当ショップへ訪ねて来られました。
     目的は、彼が『CES』で発表したばかりの新作スピーカー『櫓(Yagura)』(左の画像)と言う大型のスピーカー・システムを音元出版に持ち込んで評価していただくことになったので、出来たら、付き合って欲しいと言う、お誘いのためでした。
     
     ご存知の方も多いと思いますが、聖新陶芸の伊勢谷さんは、ご自身のブランド『CAS(Ceramics Art Speaker)』を立ち上げた時から、「Dayton Audio」製のユニットを採用していただいていますので、私たちにとっても、大事なお客様なので、お付きあいすることにしたと言う訳です。
     『CES』の会場での評価は、大変良かったそうですが、残念なことに、今回の評価用には、配送が間に合わなかったそうで、やむなく、別の「プロトタイプ」を持ち込んでの評価と言うことになったそうです。
     しかしながら、正直、私としては、石原先生に評価していただくには、いろいろな面で、準備不足ではないかと思いましたが、締め切りなどの都合も有るだろうし、100kgも有るスピーカーを短期間で完璧に仕上げるのも無理が有るだろうから、雑誌を作ると言うのも、結構、大変な事なんだなと、改めて、感心させられましたね。
     
     今後、経営状態の厳しい当ショップが『音元出版』社に、宣伝を頼むことが有るかどうか分かりませんが、もしも、お願いするようなことが有りましたら、原稿の提出は、余裕を持って締め切りに間に合わせないといけないなと、反省させられた次第です。

       いろいろと、細かいアクシデントなども有りましたが、結論としては、『未完の大器』と言うような、有り難い評価をいただき、どうなる事かと心配していた私も、伊勢谷さんも、少しは救われた思いで、横浜に戻ることが出来ました。


     お店に帰った後で、今後、この『未完の大器』である『櫓(YAGURA)』 を 、どういう風にすれば『完成された大器』にすることが出来るか、ユニットの選択から始まって、いろいろと、意見を出し合いました。
     取り敢えず、2月の『オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ2015』に出展することが決まっているそうなので、それまでに、私が出来る範囲で、ネットワークとボックスのチューニングをやってみようと言うことになりました。

     昨年の暮れに、『CAS Promnade(プロムナード)』(右の画像)のプロトタイプをお預かりして、いろいろと、手を入れてみたことから、『陶器製のボックス』の有る程度の特徴が分かり、その長所や短所を、どうやって伸ばすか、改善するかと言った方向性も、見えてきましたので、それを、『櫓(YAGURA)』を使って実践してみようと言う訳です。

     残念ながら、サブウーファーの方は、塗装の関係も有り、当ショップに持って来るだけの時間も有りませんので、伊勢谷さんご自身で調整していただくようお願いしましたが、はたして、これらの二つのシステムが、上手く繋がるかどうかは、神に祈るしか有りませんね。



     正直なところを言えば、昨年のコイズミ無線さんの暴挙以来、次期ネットワーク部品の選択、取りわけ、ネットワーク・コイルの選択に苦労していて、本当に困っていて、よそ様のことにかかずり合っているようなゆとりは無いのですが、頼まれれば、嫌だと断れないのが『ベイサイドネット』の良いところだと思っていますので、伊勢谷さんのために頑張りたいと思っています。

     それにしても、新しいメーカーの製品を仕入れて、販売出来るようになるには、まず、そのメーカーに問い合わせをし、サンプルを取り寄せ、性能を評価し、良ければ価格を交渉し、最後に、発注することになるので、メーカーの製作期間を入れると、新しい製品を仕入れて販売出来るようになるには、最低でも、3か月程掛かります。

     今回の件では、コイズミ無線さんが『Jantzen』製品を販売し始めたのが、11月頃だったことを考えれば、少なくとも、彼らは、7月か8月頃には、『Jantzen』と交渉していた訳で、その間、コイズミ無線さんからも、『Jantzen』からも、そのことについて、何の相談も連絡もありませんでした。

     それどころか、その間何食わぬ顔で当ショップに発注していた訳で、今考えても、本当に腹が立って仕方が有りませんが、オーナーにきつく止められていますので、私はこの間彼らに対しても、『Jantzen』にも何も言っていません、言っていませんが、だからと言って彼らの行為を決して許している訳では有りません。

     私は、以前、『Tang Bang』からのオファーを断った時に『オーディオ製品は、単なる電気製品の一種では有るけれども、ある面では、楽器のように、作り手の心を映す鏡のようなものでも有るので、私たちは、あなたの製品を売る気にはなれない。』と言ったのですが、今回の『Jantzen』にも、それは当てはまりますので、『Jantzen』を失ったことには何の未練も有りませんが、売るものが無くなって、当ショップが潰れるようなことになっては本も子も無いので、一日も早く、新しいネットワーク部品を見つけて販売出来るようにしたいと思っていますので、もうしばらく、お待ちいただけますよう、お願いいたします。

     
     それにしても、『陶器製のスピーカー製作に命を賭けているので、何とか協力してください。』と、真顔で頼まれれば、むげに断ることは出来ませんね。

     私も、『ベイサイドネット』をはじめた頃に、「笠間焼」や「益子焼」の先生にお願いして、何種類かの陶器製のボックスを作っていただいたことが有り、陶器を焼いて、正確な寸法で仕上げることが、どれ程、難しいことかを、身をもって体験していますので、伊勢谷さんの陶器作りの技術力の高さは、素晴らしいものが有ると思います。

     何しろ、陶器製のボックスに、ボルトと鬼眼ナットでユニットを取り付けることが出来るのですから、それだけでも私にとっては驚きです。いずれにしても、その素晴らしい陶器製品にふさわしい「スピーカーユニット」と「音」を備えさせてあげなければ、折角の価値が半減してしまいますね。

     私にとっても、やりがいのある楽しい仕事になりそうです。『オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ 2015』には、間に合わせるつもりなので、名古屋近郊の方は、是非、この世界に一つしかない『CAS』スピーカーを聴いてみてください。
     陶器と言う素材の良さを生かし、全体を、丸みを帯びた曲線で構成しているスピーカーボックスで、それぞれのユニットは落とし込み加工が施され、キャップボルトで取り付けられています。

     『CAS』スピーカーの陶器製としての製作精度の高さには、驚かされますね。





     
     
     
    コメント
    陶器製とはとても興味深いですね。どちらで販売しているのでしょうか?
    • よしひこ
    • 2015.09.11 Friday 14:10
    勿論、当ショップでも販売していますよ。
    • きよし
    • 2015.09.12 Saturday 14:11
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Clock
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 次は、若くて美しくて歌唱力抜群のニーナさんのライブ・インフォメーションです!
      きよし (09/12)
    • 次は、若くて美しくて歌唱力抜群のニーナさんのライブ・インフォメーションです!
      トヨ (09/05)
    • 2016年 明けましておめでとうとう御座います!
      きよし (02/09)
    • 2016年 明けましておめでとうとう御座います!
      K・K (02/08)
    • 『Rocky Mountain Audio Fest 2015』何とか無事(?)に終わりました!
      きよし (10/17)
    • 『Rocky Mountain Audio Fest 2015』何とか無事(?)に終わりました!
      熊谷健太郎 (10/16)
    • 先週は『CAS』の伊勢谷さんと音元出版へ行って来ました
      きよし (09/12)
    • 先週は『CAS』の伊勢谷さんと音元出版へ行って来ました
      よしひこ (09/11)
    • 岡山と香川へ出張して来ました!
      きよし (03/19)
    • 岡山と香川へ出張して来ました!
      の5 (03/19)
    Recent Trackback
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM